記事一覧

【最終稿】最近の購入環境について

ご無沙汰しております。 しばらく更新を怠っておりましたが、例のごとく地酒は飲み続けておりまして、ご紹介が追いつかないところです(^.^; 2015年に投稿を開始してから7年ほどでしょうか。 お酒の写真も毎年アルバムに格納してきましたが、これ以上アルバムは作り足せないようです。 新しいブログを起こし直すことも考えましたが、一旦ブログを閉じることにいたしました(゚ω゚) この数年を振り返ると、仙台・宮城における地酒...

続きを読む

超王祿 純米 本生 2019

島根県は松江市の銘酒「王祿」。 王祿酒造は無濾過・ノンブレンドで瓶詰し、低温貯蔵した後に出荷する酒蔵で、米の風味や旨味がしっかりと感じられ、独特の苦味が特長のお酒と思っています。 厳しい商品管理をクリアした全国の特約店数は30チョットしかなく、残念ながら宮城県にはありません(´Д⊂ヽ 今回、運良く福島県伊達市に出張があり、現場近くの根本酒店にて超王祿を購入してまいりました\(^o^)/ 穏やかな上立香。 ...

続きを読む

十四代 黒縄

仕事関係の宴会に用意していた十四代の黒縄。 多人数に行き届くようにと、一升瓶で用意しました。 グラスから立ち昇る爽やかな芳香にうっとり。 十四代特有のメロン香に加えて、熟れた南国フルーツを想わせるフルーティーな含み香が心地よい(^^) 滑らかで上品な甘みが口腔に染み、終いは微かな苦みを持ってスルリと消えていく。 んまし( ´艸`) 宴会では脂の効いた中華料理との相性も良く、コロナ再燃や大雨で欠席者が多...

続きを読む

金城次郎の海老紋ぐい呑み(新政 亜麻猫)

沖縄の陶芸家で人間国宝に認定された故 金城次郎さんの海老紋のぐい呑みを手に入れました。 次郎さんの作品は、魚紋のぐい呑みを1つと、魚と海老が片面づつ彫られたカラカラを所有しておりまして、これに海老紋のぐい呑みを揃えて酌み交わしたいと思い、しばらく前から探しておりました(^.^; 初めての一献は新政の亜麻猫。 大ぶりりの盃に波々と注いでいただきます( ´艸`) んまいっす(*´∀`*)尸 お気に入りの酒器で嗜...

続きを読む

高千代 コウリュウ・ナマ(藍判)

高千代酒造の新ブランド「コウリュウ」。 リーズナブルながらハイクオリティを目指した新商品とのことです。 以前、定禅寺通りの日本酒Bar「旅籠」さんにて火入れの「朱判」を試したところ、とても美味しかったもので、今回は生酒の「藍判」を購入してみました。 上立香はそれほど強くはなく、滑らかな口当たりにフルーティーな含み香が好印象のお酒です。 “たかちよ”ほどの強烈さはないにしてもパイン系の甘酸っぱさが基調...

続きを読む